文字サイズ

川崎・鬼木監督、自力Vへ「自分たちの思いぶつける」 25日G大阪と直接対決

 「明治安田生命J1、川崎-G大阪」(25日、等々力陸上競技場)

 J1川崎の鬼木達監督(46)が23日、オンラインで取材に応じ、勝つか引き分ければ2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる25日のG大阪との直接対決へ「自分たちの思いをぶつけるゲームにしたい」と意気込んだ。4試合を残して優勝となれば、2010年に3試合を残して優勝が確定した名古屋を上回る最速記録となる。

 川崎は勝てば優勝だった21日の大分戦に敗れ、22日に2位のG大阪が浦和に勝ったため優勝が持ち越しとなった。再び自力で決められる状況となり、鬼木監督は「もう一回チャレンジしたい思いがあった」と歓迎した。

 主将のDF谷口が大分戦で一発退場し、G大阪戦は出場停止。エースFW小林は「今いる全員の力で勝てるよう、いい準備をしたい」と闘志を燃やした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス