文字サイズ

WEリーグ、異例の奇数11クラブ参入!J1広島がチーム新設 日本初女子プロリーグ

 21年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」は15日、初年度参入クラブを発表し、基準を満たしたINAC神戸やJ1広島、J2大宮など11クラブが選出された。大宮はなでしこ2部のFC十文字が母体となり、広島はチームを新設する。当面は降格がない。

 7月までに17団体が入会を申請。当初は6~10クラブで始動するとしていたが、11クラブが参入基準を満たしたため異例の奇数チームでの開幕となった。

 毎節1チームが試合を行わない変則日程が生じることについて岡島喜久子チェア(62)は「運営面は考慮した。(試合のないチームは)休みにはせず、WEリーグの理念を追求する活動をしてもらう」との考えを示した。

 岡島チェアは「外国人選手を入れてほしい。リーグから補助金も考えている」と積極的な補強策を奨励。また、分配金は2000万円になるといい、放映権については「DAZNを含め、いくつかの媒体と話を進めている」と言及した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス