文字サイズ

監督がコロナ感染の鳥栖が会見「微妙な違和感」ある中、8日の鹿島戦指揮

 J1鳥栖は11日、金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染についてオンラインでの記者会見を開き、竹原稔社長(59)は12日に予定されているYBCルヴァン・カップ広島戦(Eスタ)について「今のところ濃厚接触者も確認されているので、明日の試合は開催できると思っている」との見解を示した。

 選手に濃厚接触者はいないが、クラブは選手ら89人に対して独自のPCR検査を実施。結果は12日昼に判明する。選手らは自宅待機しており、検査結果が判明次第、広島に向けて当日移動するという。

 また、当初の発表では金監督は8日昼に体調不良だったとしたが、竹原社長は「この文章が一人歩きした。微妙な違和感を感じる程度だった」と修正。金監督は同日夜の鹿島戦の指揮を執っており、竹原社長は「甘かった点は精査して、この前の段階で止めるべきだったと、クラブとしてもより考えなくてはいけない」と語った。

 金監督は9日夜に38度の発熱。10日朝には36・4度に下がったため同日の練習の指揮を執った。竹原社長によると、この時点で金監督から発熱についての報告はなかったという。その後、倦怠感があったため佐賀県内の病院でPCR検査を受け、陽性と判定された。クラブが違和感や発熱を把握したのは陽性判明後の聞き取りだったといい、同社長は「私どもの管理不行き届きと認識している」と謝罪した。金監督は平熱(36・3度)に戻っているが、佐賀県内の病院に入院し、体調回復に努めているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス