文字サイズ

神戸、決定力不足に泣く 22本シュートも古橋の欠場響き…イニエスタ「もどかしい」

 「明治安田生命J1、神戸1-2仙台」(8日、ノエビアスタジアム神戸)

 不運では片付けられない敗戦だった。シュート22本を放った神戸だったが、再び決定力不足を露呈し、ホームで仙台に5年ぶりの黒星を喫した。

 前半22分にDFダンクレーのオウンゴールで先制を許したが、クロスに対して足を出した不可抗力だった。1点を追う後半は敵陣に相手を押し込み続けたが、FW小川やドウグラスのシュートはことごとく枠を外した。

 チーム得点王のFW古橋の欠場が響き、フィンク監督は「チャンスを作ったが決定力を欠いた」と深いため息をついた。MFイニエスタも「最後をモノにできないもどかしさを感じる」と語った。

 「チャンスは作れている」とイニエスタは前を向いたが、今季9試合で10得点と決定力不足の解消は容易ではない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス