文字サイズ

神戸・イニエスタ Vアシストで結婚記念日に花 中3日出場も貢献

 「明治安田生命J1、鳥栖0-1神戸」(8日、駅前不動産スタジアム)

 神戸は中3日で先発出場した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)がFWドウグラスの決勝点をアシストし、待望の今季リーグ戦初勝利を挙げた。

 後半30分、MF山口の縦パスをMF郷家がつなぎ、イニエスタが「上からパスを通すことでスペースを見つけることができた」と浮き球で技ありのラストパスを通した。

 この日はイニエスタにとって、12年に結婚したアンナ夫人(33)との8回目の結婚記念日だった。自身のSNSには「忘れがたく、魔法のように幸せな8年間だった。そばにいさせてくれて、素晴らしい経験をさせてくれてありがとう。無限の愛を!」などと感謝の言葉をつづった。

 「勝ち点3がどうしても欲しかった」というフィンク監督は、4日の広島戦でフル出場したイニエスタを先発で送り出した。新型コロナウイルス感染症対策で異例の当日移動となり、九州入りしたのはこの日昼ごろ。11日には中2日でアウェー大分戦を控えていることもあり、5月に36歳を迎えたイニエスタも「厳しいスケジュールであることは間違いない」と認めた。

 疲れの見えていたイニエスタだったが、ここ一番の“魔法”で試合を決定付け、記念日に花を添えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス