文字サイズ

G大阪・遠藤保仁、J1再開の日に特別な金字塔 最多632試合出場

 前半、前線にパスを送る遠藤(撮影・神子素慎一)
2枚

 「明治安田生命J1、G大阪1-2C大阪」(4日、パナソニックスタジアム吹田)

 新型コロナウイルスの影響による中断が明け、約4カ月ぶりの再開となる一戦で、プロ23年目の司令塔が偉大な金字塔を打ち立てた。G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が無観客で行われたC大阪戦に先発出場。名古屋などで活躍した元日本代表GK楢崎正剛を抜き、J1最多出場記録を632試合に更新した。遠藤は後半9分までプレーして無得点。チームは1-2で敗れ、節目の試合を白星で飾ることはできなかった。

 金字塔は静かに打ち立てられた。遠藤がJ1最多となる通算632試合目のピッチを踏んだ。2月23日の開幕戦でタイ記録に並んでから132日。新型コロナの影響による長い中断期間を経て“楢崎超え”が達成されたが、記録よりも「ピッチに立てる喜びが断然大きい」と、遠藤らしく偉業を振り返った。

 リーグ戦39回目の“大阪ダービー”は初の無観客となった。本来ならスタジアムは両サポーターの熱狂に包まれ、相手サポーターからでさえ背番号7への祝福が送られたかもしれないが、観客席にその姿はなかった。試合前には選手が記録を祝うTシャツを着て入場した。「全然知らなかった」という粋なサプライズに「ありがたかった」とほほ笑んだ。

 中盤の底“アンカー”として攻守をつかさどったが、前半終了間際の47分に先制点を許した。後半9分に交代でピッチを去り、チームは本拠地の大阪ダービーで17年ぶりに敗戦。初めて節目を勝利で飾ることができなかった。

 横浜Fに入団した1998年の開幕戦で第一歩を踏み出してから8141日。あらゆる監督から信頼を得て、出場数を積み重ねてきた。宮本監督は「どの監督にもアジャストできる。求められるプレーを出せるのは大きな力。今も『ピッチでこう表現してほしい』と言った時の反応の早さを感じる」と、その要因を説明した。

 30歳となった2010年以降も10年間で5度の全試合出場を達成し、その間の平均出場数は32・8試合に達する。昨季は自身が「一番価値がある」と自負する日本人選手初の公式戦通算1000試合出場も成し遂げた。

 プロ23年目の今も第一線を維持し続ける原動力を「目の前の試合に出たい。それだけ」と短い言葉に集約する。1月に不惑を迎えても、その技巧は円熟味を増す。FW宇佐美は「今が一番凄みを感じる。派手さはないが無駄が全くない」と遠藤の真価を表現する。

 希代の司令塔は自身を「チームの駒にすぎない」と形容し、「しっかり機能していきたい」とチームへの貢献を強調した。記録はどこまで伸びていくのか。「たくさんの試合に絡んでいきたい。限界を決めず、サッカーを楽しみながらチャレンジしていきたい」。“生ける伝説”は未踏の地を行く。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス