文字サイズ

Jリーグは3月いっぱいまで中断を延長 4月3日の再開を目指す

 Jリーグの村井満チェアマンが9日、JFAハウスで取材に応じた。3月15日までと設定していた公式戦の中断を3月いっぱいまで拡大し、4月3日(金)の再開を目指すと説明した。

 この日の昼に行われた日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が合同で立ち上げた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会合で、公式戦の再開延期が「望ましい」との意見が専門家から出たことを受け、Jリーグ各クラブとの話し合いを行っていた。

 村井チェアマンは「3月いっぱいの公式戦の延期を決めました」、「4月の再開を目指して、われわれがとりうる手段、全力を尽くす」など説明した。正式にはJリーグの実行委員会などが行われる12日に決める。

 もしも4月3日に試合を再開できた場合は、日程的には過密にはなるものの「オリンピックおよびIMD(インターナショナルマッチデー)等々(に試合を行わない)、従前の日程ルールの中で、運営が可能」との見方を示した。

 昼の対策連絡会議後の会見では、村井チェアマンは「18日の再開は難しいという認識でいる」との個人的見解を示していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス