文字サイズ

元日本代表・栗原勇蔵が引退 横浜M一筋18年「誇り」

 J1横浜Mは2日、元日本代表DF栗原勇蔵(36)が今季限りで引退すると発表した。横浜市内で取材に応じた栗原は、クラブ一筋18年のプロ生活を振り返り「一つのチームに長くいられたことが誇り」と語った。

 横浜市出身の栗原は下部組織から2002年にトップチームに昇格し、03、04年にJ1で連覇。14年元日決勝の天皇杯全日本選手権制覇に貢献した。J1通算316試合16得点。日本代表では20試合3得点。

 チームには練習前に報告し、15年ぶりの優勝が懸かるFC東京との最終節(7日・日産スタジアム)に向けて「優勝して終われれば悔いのないサッカー生活になる。みんなで頑張ろう」と声を掛けた。引退後はスタッフとしてクラブに残る意向も明らかにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス