文字サイズ

久保&堂安あるぞ初同時先発 シャドーの両雄に森保監督も期待大

 堂安(右端)らとコロンビア戦に向けて調整する久保建(中央)
2枚

 「U-22国際親善試合、日本-コロンビア」(17日、エディオンスタジアム広島)

 サッカー男子の東京五輪世代にあたるU-22(22歳以下)日本代表は16日、U-22コロンビア戦に向けて、試合会場で冒頭15分間を除く非公開で最終調整を行った。前日会見に臨んだ森保一監督(51)は「ベスト(メンバー)という考え方で先発を決めたい」と語り、MF堂安律(21)=PSVアイントホーフェン、久保建英(18)=マジョルカ=の同時起用を示唆。2人がそろって先発すれば、A代表も含めて初めてとなる。

 東京五輪世代の国内初陣で堂安&久保建の両雄が並び立つ。森保監督は「ベスト(メンバー)という考え方で先発を決めたい」と語り、既にA代表にも定着している2人の同時起用を示唆。そろって先発出場すれば、A代表も含めて初となる。

 堂安にとって同世代に合流するのは17年U-20W杯韓国大会以来となる。指揮官からはA代表での経験を還元する役割も求められており「練習からクオリティーの差を見せないといけないと勝手にプレッシャーをかけていた。僕にとって新しい刺激的な時間だった」と充実感を漂わせた。

 A代表では右MFが定位置だが、3バックを採用するU-22代表では2シャドーの一角を担う。「少し高い位置を取れるのでフィニッシャーの仕事ができる」と得点への意欲をみなぎらせた。練習後には横内コーチを交え、久保建と話し込んで戦術などを確認した。

 堂安の“相棒”となる久保建は「試合後でいいですか。毎日(取材対応を)やってるんで、すみません」と頭を下げ、取材には応じなかったが、堂安は「誰もが分かる素晴らしい選手。彼がボールを持つと動き出したくなる。見ていて楽しめるプレーを披露したい」と、久保建との競演を心待ちにした。

 14日の練習試合を欠場した堂安は「こんなに体が軽いんだという感覚」と絶好調宣言。「過去のより今の彼らの方がすごいと思わせてもらいたい」と指揮官はただならぬ期待を寄せた。公言する東京五輪での金メダルへ、「ベストメンバー」の五輪代表が国内で第一歩を刻む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス