文字サイズ

フェルナンドトーレス引退会見 鳥栖アドバイザーに ラストは8・23神戸戦

 J1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(35)が23日、都内で引退会見に臨んだ。現役最後の試合は8月23日のホームでの神戸戦となることを明らかにした。また、現役は引退するものの鳥栖にはアドバイザーとして残ると明言した。

 黒のジャケット姿で登場したフェルナンドトーレスは、「サッカー選手としての人生を引退すると決意しました」と挨拶。最後の試合について、「8月23日、神戸戦になります」とし、「古くからの友人であるイニエスタ選手との直接対決を日本でできるということ。そこで自分のサッカー人生を終えることができるということで決めました」と明かした。また、「友人である、ダビド・ビジャ選手もいます」とも語った。「自分ができることをすべてつくしながらやっていきたいと思います」と思いを述べた。

 フェルナンドトーレスは21日、自身のツイッター、インスタグラムで現役を引退することを報告。自身のプレー集をまとめた動画にも出演し、会見で報告することを発表していた。

 スペインの強豪アトレチコ・マドリードの下部組織出身で、イングランド・プレミアリーグのリバプール、チェルシーでもプレー。ACミランを経て、アトレチコ・マドリードに復帰していたが、昨年7月にJ1鳥栖に移籍した。

 鳥栖では昨季に加入後は17試合に出場し3得点。第33節の横浜M戦ではクラブのJ1残留を大きくたぐり寄せる決勝ゴールをあげている。今季は右太ももを負傷するなどしたため11試合の出場で無得点。

 スペイン代表では2010年W杯南アフリカ大会の優勝メンバー。08年と12年の欧州選手権の優勝メンバーでもある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス