文字サイズ

快足FW永井謙佑が令和1号&2号 右肩負傷は軽症を強調「結構外れてるので」

 前半、永井が先制ゴールを決める(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「キリンチャレンジ杯、日本2-0エルサルバドル」(9日、ひとめぼれスタジアム宮城)

 日本がエルサルバドルに2-0で快勝した。初招集のFW久保建英(18)=FC東京=は後半途中から出場し、18歳5日で史上2番目の若さで代表デビューを果たした。FIFAランキング26位の日本は同71位で初対戦の相手に対し、前半にFW永井謙佑(30)=FC東京=が代表初ゴールを含む2得点を挙げた。日本は招待参加する南米選手権(14日開幕)に向け、11日に開催地ブラジルへ出発。17日に1次リーグC組初戦でチリと対戦する。

 日本代表の令和1号は30歳の韋駄天(いだてん)が決めた。FW永井は前半19分、50メートル5秒8の快足を跳ばしてDFラインの裏に抜け出すと、DF冨安の縦パスを受けて2人を置き去りにしながら左足を振り抜いた。「ラストチャンスだと思っていた。年齢も年齢だし、よかったです」。福岡大時代の10年にA代表デビューしてから9年。待望の代表初ゴールを決めた。

 前半41分には、MF原口の折り返しに左足を合わせ、この日2得点目。追加招集で、15年東アジア杯以来4年ぶりの代表戦出場で存在感をアピールし、「楽しかった」と充実の汗をぬぐった。

 ただ、後半11分に相手と接触した際に右肩を負傷した。無念の途中交代となったが、「(過去にも)結構外れてるので気にしてない」と軽症を強調。FC東京のチームメートであるMF久保建の華々しい代表デビューはベンチで見届け、「だいたいタケがデビューするときは俺はベンチにいます」と苦笑い。FW大迫とは違うタイプの1トップとしてアピールを続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス