文字サイズ

元Jリーガー慶南・邦本が涙のV弾 17年契約違反クビも「サッカーしかなかった」

 前半、鹿島・遠藤(左)と競り合う慶南・邦本
1枚拡大

 「アジアCL・1次リーグ、鹿島0-1慶南」(24日、カシマサッカースタジアム)

 2連覇を狙うE組の鹿島はホームで慶南(韓国)に0-1で敗れた。は後半に均衡を破られ、今大会初黒星で勝ち点7のまま。G組の浦和はアウェーで全北(韓国)に1-2で競り負けた。2点を先行され、FW興梠慎三のゴールで追い上げたが、及ばずに勝ち点は4。

 元Jリーガーの21歳MF邦本が決勝点を挙げた。後半18分、右サイドのクロスに逆サイドから回り込んで左膝付近で押し込んだ。浦和ユースや福岡でプレー経験があるが、17年5月に契約条項違反で契約解除。その後、昨年1月に慶南入りしていた。終了後には目に涙を浮かべ「日本で一度、サッカーをクビになって韓国に渡った。少しでも自分の変わった姿を見せるには、サッカーしか自分の頭にはなかった」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス