文字サイズ

香川、消化不良…終盤に出場「結果はもう決まっていた」

 後半に途中出場したベシクタシュ・香川(共同)
1枚拡大

 「トルコ1部リーグ、リゼスポル2-7ベシクタシュ」(8日、リゼ)

 ベシクタシュの日本代表MF香川真司(30)は8日、アウェーのリゼスポル戦で4-2の後半33分から出場した。チームは終盤に3点を追加し、7-2で大勝した。

 香川はリーグ再開初戦でベンチスタートとなり、2点リードの終盤に投入された。出番が限られて消化不良に終わり「結果はもう決まっていた。大差がついていたので」と言葉少な。リーグ中断中にW杯ロシア大会以来の日本代表復帰を果たしたが、クラブでは厳しい先発争いが続く。代表に関する質問にも「今日は日本代表の試合をやっていないので」と多くを語らなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス