文字サイズ

香川真司 シュートゼロ 地元・神戸で初キャプテン先発も不発「物足りなかった」

 前半、クロスに合わせに行く香川(中央)と畠中(左)
1枚拡大

 「国際親善試合、日本1-0ボリビア」(26日、ノエビアスタジアム神戸)

 森保ジャパンが1-0でボリビアを下し、平成最後の日本代表戦を勝利で飾った。22日のコロンビア戦から先発を11人入れ替え、MF香川真司(30)=ベシクタシュ=らを起用。前半を無得点で終えたが、後半31分に途中出場のMF中島翔哉(24)=アルドハイル=が決勝ゴールを奪った。

 ゴールを脅かす、怖い存在ではなかった。初めて代表のキャプテンマークを付けて、トップ下で先発出場した香川はシュート0本。後半23分で退いた。決勝ゴールが生まれたのはその8分後だった。

 悔しい試合かと問われて、「もちろんそうですけど、勝ったことはよかった。途中で入った選手が違いを作って勝ちとった」と総括した。

 堅く守る相手に対して、ポジションを下げながらボールに触る機会を増やし、試合を組み立てる作業に終始した。「前半からやりつづけたことで、後半にスペースが空きだした。サッカーは90分のスポーツ」と自身のプレーの効果を解説。その一方で、「シュートであったり、そこまでの局面が物足りなかった」と反省も口にした。

 森保体制初招集。「(若手の)どんどん仕掛ける姿勢は武器になっている」と感想を述べながら、「ただ自分のよさはまた違ったところにある。忘れずにやっていきたい」。背負った10番は、まだまだ譲れない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス