文字サイズ

森保監督“不変の心得”「やることに変わりない」 不動心で4強入りつかむ

 ベトナム戦を前に記者会見する森保監督。右は柴崎(共同)
1枚拡大

 「アジア杯・準々決勝、日本-ベトナム」(24日、ドバイ)

 2大会ぶり5度目の優勝を目指すサッカー日本代表は23日、準々決勝・ベトナム戦に向けて冒頭15分間をのぞく非公開練習で最終調整を行った。練習前に行われた公式会見では、森保一監督(50)とMF柴崎岳(26)=ヘタフェ=が出席。柴崎は「次のラウンドに進むために、重要な一戦。大会を勝ち進みながら成長して、トロフィーを勝ち取る」と語り、優勝した2011年大会以来となる4強入りに向けて意気込みを語った。

 森保監督は“不変の心得”でベトナム戦に臨む。準々決勝からは、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)が導入されるが「あってもなくても、やることに変わりはない。選手にはフェアプレーの精神で臨もうと伝えている」。

 対戦相手のベトナムは、東京五輪世代のU-21代表を率いた昨夏のアジア大会で敗れた相手だが「心境の変化はない。いつも考えている通り、目の前の試合で最大限の力を発揮できるように準備をしていく」とキッパリ。不動心で4強入りをつかむ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス