文字サイズ

浦和 杉本が会見「国内で移籍するなら浦和レッズだと」

浦和に新加入した(左から)MF汰木、DF岩武、DF山中DF鈴木、FW杉本、DF大城、MF池高、GK石井
1枚拡大

 J1の浦和は16日、さいたま市内で2019シーズン加入記者会見を行い、C大阪から移籍したFW杉本健勇(26)ら8選手を紹介。杉本は「リーグとACL2つとれるように頑張りたい」と目標を掲げた。

 赤いユニホームに袖を通し、「国内で移籍するなら浦和レッズだと勝手ながら思っていました。うれしいです」と感想を語った杉本。「競争が激しいのはもちろん分かっている。自分のないものを持っている選手からも吸収して、いいものを盗みながら成長したい」と覚悟を語った。

 背番号は好きなヨハン・クライフにあやかった「14」。浦和では昨季限りで引退したMF平川忠亮(39)=今季からユースコーチ=が17年間背負っていた番号とあって、平川に電話であいさつしたことを明かした。「レジェンドの番号。自分が活躍しないと、この番号の価値は下がってしまう。平川さんの魂を引き継いで頑張りたいと思います」と気を引き締めた。

 FWとして期待されるのは得点力。「具体的な数字は決めたくない。だけど、Jリーグ、ACL、ルヴァンも天皇杯も取るためには、圧倒的な得点力が必要。そこには必ず貢献したい」と約束した。

 また、この日発表された新加入選手の背番号は、DF鈴木大輔=4、DF山中亮輔=6、MF汰木(ゆるき)康也=24、DF岩武克弥=28、GK石井僚=32、MF池高暢希=33、DF大城蛍=34。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス