文字サイズ

復帰のMF遠藤「0で終われたので最低限のことはできた」 体を張った守備で貢献

 オマーン戦に臨む日本イレブン。(前列左から)長友、北川、柴崎、南野、堂安、(後列左から)酒井宏、原口、冨安、吉田、遠藤、GK権田=アブダビ(共同)
1枚拡大

 「アジア杯・1次リーグ、日本1-0オマーン」(13日、アブダビ)

 2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本(FIFAランキング50位)はオマーン(同82位)を1-0で勝ち、16チームによる決勝トーナメント進出を決めた。

 今大会初出場となったボランチの遠藤航(シントトロイデン)は「とりあえずよかったと思いますし、難しい試合になりましたけど、しっかり勝ち点3を積み上げれたことはよかった」と納得の表情だった。

 体を張った守備で、再三、オマーンのカウンターの芽を摘むなど、完封勝利に貢献。「そこ(完封)は僕自身も意識していたことで。前半からカウンターをしっかり防ぐということは意識してやっていたのでそれはできたと思います。追加点を取れれば理想的だったんでしょうが、0で終われたので最低限のことはできたかなと思う」と話した。

 体調不良で初戦を欠場していただけに、「チームに迷惑をかけてしまったので申し訳ない気持ちがあって。ただ、いつでも出れる準備はしていましたし、スタメンで出してもらったので自分の良さを出すということだけ意識してやった。勝利に貢献出来てよかった」と笑みを見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス