文字サイズ

森保監督、決勝トーナメント進出に「選手がハードワークしてくれて結果が伴った」

 後半、指示を出す森保監督=アブダビ(共同)
1枚拡大

 「アジア杯・1次リーグ、日本1-0オマーン」(13日、アブダビ)

 2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本(FIFAランキング50位)はオマーン(同82位)を1-0で勝ち、16チームによる決勝トーナメント進出を決めた。

 2連勝を飾り、森保監督は「選手たちが勝って突破を決めようと言うことで、その気持ちを持ってハードワークしてくれて結果が伴ってよかったと思います」と安堵の笑みをもらした。決勝T進出を決めたことで、3戦目に向けては「総力戦ということでやってきたので、できる限り全員を使っていきたいと思う」と、選手の入れ替えを示唆していた。

 日本は前半26分、ゴール前へ抜け出した南野がシュート。相手GKにはね返されたものの、詰めていた原口が相手DFにペナルティエリア内でアフター気味に蹴られたと判定され、PKを獲得。これを原口が冷静にゴール左に突き刺して、1点を奪った。リードした後半は一転して、慎重な試合運びに終始したが、1点を守り切った。

 初戦でFIFAランク127位と格下のトルクメニスタンを相手に苦しみながらも3-2で勝ち、勝ち点3を挙げていたが、最終戦を待たず、理想的な形で決勝トーナメントへ駒を進めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス