文字サイズ

INAC神戸を神戸製鋼メンバーが激励、ダン・カーターの心得を伝授

INAC神戸の激励に訪れた神戸製鋼の橋本(前列右から4人目)、前川(同5人目)田中(同7人目)
1枚拡大

 サッカーなでしこリーグのINAC神戸が25日、皇后杯準決勝の千葉戦(29日、パナスタ)に向けて神戸市内で調整を行い、ラグビー日本選手権で18季ぶりの日本一に輝いた神戸製鋼のFL前川鐘平(30)、橋本大輝(31)、SH田中大治郎(28)の3人が激励に訪れた。

 主将も務める前川は練習後、なでしこたちを前に、今季から加入した元ニュージーランド代表SOダン・カーター(36)の言葉を引用して「選手一人一人が役割を果たす、戦略を突き詰めることが優勝につながった」と必勝の心得を伝授した。

 女子日本代表なでしこジャパンのFW岩渕真奈(25)は「サッカーにも共通している。自分たちもやらないと勝てない。いい言葉だった」と感銘を受けた様子。INAC神戸は2年ぶりの皇后杯制覇を目指しており、岩渕は「同じ神戸のチームとして、優勝して神戸を盛り上げたい」と覇権奪回へ意気込んだ。

 皇后杯準決勝の日テレ-浦和とINAC神戸-千葉は29日に、同決勝は来年1月1日に大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われる。3試合とも入場無料。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス