文字サイズ

仙台が初の決勝進出!主役はジャーメイン「貢献したかった」

 前半、先制ゴールを決め、祝福される仙台・ジャーメイン(左から3人目)
 決勝進出を逃し、肩を落とす山形イレブン
 山形に勝利し、初の決勝進出を決め喜ぶ仙台イレブン
3枚3枚

 「天皇杯・準決勝、仙台3-2山形」(5日、ユアテックスタジアム仙台)

 仙台がFWジャーメイン良(23)の全得点にからむ活躍で、初の決勝進出を果たした。

 前半13分にFW石原のシュートがゴールに入ったが、オフサイドの判定で取り消された直後だった。同14分、ワンツーで左サイドを突破したMF中野のクロスを、ジャーメインは完璧名左ボレーで合わせて、正真正銘の先制弾を突き刺した。

 「とにかく自分としては決勝にいくためにチームに貢献したかった」。

 前半18分には最前線から後方にボールを落としてMF矢島のゴールを導いた。同36分には左CKを逆サイドで頭で折り返し、DF平岡のゴールを演出。1ゴール2アシストの大暴れだった。「ゴール前で仕事をするのがFW」と胸を張った。

 アメリカ人の父と日本人の母を持つ。流通経大で活躍し、昨夏は特別指定選手として仙台でもプレー。今季、仙台入りしてリーグ戦3得点。それが天皇杯では4回戦の横浜M戦、準々決勝の磐田戦に続く、3試合連続ゴールの“天皇杯男”だ。

 Jリーグでも1日の神戸戦でゴールを決めるなど、ここへきて上り調子。渡辺監督はその要因を「足回りの技術的な部分が飛躍的にここ数ヶ月で改善されました。毎日居残りでコーチ陣がつきっきりでやってくれた成果のたまものだと思います」と明かす。

 初優勝をかけて、決勝は埼玉スタジアムで浦和と戦う。完全アウェーの地でも、渡辺監督は「天皇杯は彼はだいぶ点をとって貢献している。調子に乗るやつなので最後も調子に乗せていかせようと思います」と期待をかける。“天皇杯男”は「全力でやって、結果を出したい」とキッパリ。初制覇へ導く思いだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス