文字サイズ

川淵三郎氏「優勝皿見ると思い出す」J1清水副社長兼GM、久米一正氏合同葬に参列

 久米一正さんの葬儀に参列した川淵三郎氏
1枚拡大

 Jリーグの創設に事務局で尽力し、11月23日に63歳で死去したJ1清水の副社長兼ゼネラルマネジャー(GM)、久米一正氏の葬儀が4日、都内の増上寺で営まれ、初代チェアマンの川淵三郎氏や親交の深かった前日本代表監督の西野朗氏ら約500人が参列した。

 川淵氏は、リーグ優勝クラブに授与されるシャーレ(優勝皿)製造の発注を頼んだエピソードを明かし「僕は今でもシャーレを見ると久米を思い出す。皆さんもシャーレを見たら久米を思い出してほしい」と語った。

 日立の同期入団で、引退後も柏、名古屋などで関係があった西野氏は「最後、一緒にボールを蹴りたいと(利き足の)左足をマッサージしたんですけどね。この歳で弔辞なんて読めるわけない。(同学年)一番の元気印で、不死身と思っていた」と悲しんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス