文字サイズ

青山敏弘が持ち味ロングパスで存在感 南野の先制弾をお膳立て

前半、先制ゴールを決めた南野拓実(9)を祝福する日本代表イレブン=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「キリンチャレンジカップ、日本-パナマ」(12日、デンカビッグスワンスタジアム)

 日本はMF南野拓実(ザルツブルク)の先制ゴールで1-0で前半を終えた。先制点のシーンのほか、攻撃で目立ったのはMF青山敏弘(広島)の的確なロングパスだ。

 先制点が生まれた前半42分、青山は相手の縦パスをインターセプトすると、前線の南野へロングパスを送った。これを相手と競り合いながら反転し抜け出した南野が決めた。

 前半23分には、右サイドを抜け出した室屋にロングパスを合わせた。来年1月のアジア杯へ向けてサバイバルもし烈になる中、キャプテンマークを巻く青山が存在感を示している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス