文字サイズ

「国際親善試合、日本―パナマ」(11日、デンカS)

日本
1-0
2-0
パナマ
前42分 後20分 後40分 南野 伊東 OG 得点
【試合終了】森保ジャパン2試合連続3得点完勝。ロシアW杯メンバーも融合して今後に期待を持たせる勝利となった。

【ロスタイム3分】

43分【日】青山が柴崎と交代。キャプテンマークは槙野に託す。

42分【日3-0パ】3点目はオウンゴール。左サイドの原口がドリブルから川又にスルーパス。抜け出した川又は左足でシュートを狙うが、戻ったムリジョも足を伸ばす。混戦の中、ボールは無人のゴールに転がり込んだ。

36分【パ】左CKがゴール前で競り合いになり、ルーズボールに。ブラックバーンが右足で狙うが、上に外れる。

32分【日】中盤でファウルを受けた伊東が右足首を負傷。担架で運ばれる。堂安が呼ばれる。

29分【日】室屋と伊東が右サイドで崩す。伊東のヒールパスに飛び込んだ室屋がシュートを狙うが、ブロックされてCKへ。右CKは槙野がヘッドで狙うが、枠を外れる。

26分【パ】右サイドからトレスのFK。ゴドイがヘッドで狙うが、枠を外れる。

24分【日】青山のFKはファーサイドに流れ、原口がカットインから右足シュート。GKがセーブする。

24分【パ】自陣エリア左で伊東へのファウルでエスコバルにイエローカード。

21分【日】川又、北川を投入。

20分【日2-0パ】伊東も2戦連発。敵陣中央左から原口がドリブル開始。前戦でパスを受けた伊東はダイレクトでエリア左に入った南野へ。南野のシュートはセーブされたが、詰めた伊東が一度はブロックされながらも再度押し込んだ。

19分【パ】右サイドのロドリゲスが中に切り込み左足シュート。勢いがなくキャッチされる。

13分【日】三竿の縦パスをクリアしたボールを拾った大迫が右足でシュート。軸足が滑り、ヒットせずボールを奪われる。

6分【パ】右CKをフリーになったエスコバルがヘッドで狙ったが、左に外れた。

4分【日】原口が相手ボールをカットして前戦の大迫にパス。大迫が反転してシュートを狙うが、右に外れる。

2分【日】左サイドを上がった佐々木の折り返しをエリア外から三竿が左足で狙う。GKはキャッチしてこぼしたが、すぐに押さえた。

【後半開始】
  ◇  ◇
【前半終了】森保ジャパン1点リードで前半終える。南野の2戦連続ゴールで先制した。

【ロスタイム1分】

42分【日1-0パ】南野の代表戦2試合連続ゴールで先制!相手のクリアミスを青山がカット。すぐに前戦の南野にパス。反転してクミングスを振り切った南野が左足で決める。

41分【日】原口の左足ミドルはブロックされる。

38分【日】ビルドアップから冨安が裏に飛び出した大迫にパス。大迫が伊東にパス。伊東はゴール前の南野へつなぐ。DFが戻り、南野はシュートを打てなかった。

35分【パ】トレスが突破してエリア内右に進入。右足シュートはブロックされてCKに。CKはクリアされる。

29分【パ】中央でボールを持ったゴドイが左足ミドル。権田がキャッチする。

27分【日】原口と南野のコンビネーションでCKを獲得。南野の左CKはキャッチされる。

26分【日】PAスポットすぐ外でのFK。壁は6枚。南野が右足で狙うが、上に外れる。

25分【日】原口が中央突破。倒されるがノーファウル。拾った大迫が再度突破を試みて倒されて今度はファウルとなる。

23分【日】中盤のパス交換から青山が右サイドの裏に抜け出した室屋にダイレクトパス。絶好のチャンスにフリーの室屋はパスを選択。中央に折り返したが、味方に合わなかった。

18分【日】南野の右CKはファーサイドで三竿が競り合い、再度CKへ。再びのCKはシュートにつなげられない。

18分【日】室屋からの右クロスを南野がトラップミスしてゴール前に。大迫が飛び込むが、阻まれてCKへ。

16分【パ】ムリジョが青山に倒されてFKを獲得。敵陣、中央右からのFKはゴール前に入れるが、シュートにつなげられない。

7分【日】立ち上がりは日本が攻勢。大迫が右中央エリア外からミドルシュートを放つが、ヒットせず左に外れる。

【試合開始】日本のキックオフ。サムライブルーのユニホームの日本は4―5―1の布陣。4バックは左から佐々木、槙野、冨安、室屋。ダブルボランチが三竿と青山。2列目に左から原口、南野、伊東。1トップに大迫が入った。

【見どころ】A代表と五輪代表を兼任する森保一監督による新体制となった日本代表が初陣・パナマ戦に臨む。
 9月7日に札幌ドームで予定していたチリ戦は地震のため中止となり、初戦は11日の吹田スタジアムでのコスタリカ戦。MF中島、南野、堂安らロシアW杯メンバーには含まれなかった新戦力の活躍もあり、3―0で快勝した。
 2戦目はロシアW杯に出場したパナマが相手。パナマもW杯後にステンペル監督が就任した新体制となり、来日した。
 日本は19歳のDF富安健洋(シントトロイデン)をスタメンに起用。主将のDF吉田麻也(サウサンプトン)はベンチスタート隣、キャプテンマークは前戦に続いてMF青山敏弘(広島)が巻く。FIFAランキングは日本の54位に対し、パナマは70位。 19時35分キックオフ予定。

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス