文字サイズ

【本田・一問一答】西野監督は選手のアイデアを尊重してくれる。やりやすくなった

 香川(右)に進路を譲られ!?笑顔を見せる本田(中央)
1枚拡大

 「キリンチャレンジカップ、日本-ガーナ」(30日、日産スタジアム)

 狙うは8年前の再現-。サッカーの日本代表は28日、親善試合ガーナ戦に向けて千葉県内での合宿を打ち上げた。3-6-1の新布陣に取り組む中、MF本田圭佑(31)=パチューカ=は主力組の右シャドーでプレーしたもよう。2010年南アフリカ大会では急きょワントップへコンバートされ、1次リーグ初戦でゴールを決めた。復権を狙う本田が、その再現を目指す。

  ◇  ◇

 -選手同士、3-6-1布陣のピッチ内外でのすり合わせはできているのか。

 「すごくできていますよ。できているんですけど、これって問題ありきじゃないですか。絵に描いた餅っていうのはどんだけやろうと、一個の問題が想定外なら、全部ひっくり返る。それが見えない中で、今はいろいろと議論しています」

 -急きょワントップでプレーしてゴールを決めた10年南アの経験が生きるのでは。

 「結果的に、たまたまビッグゲームで結果を出してきたというのは、運が良かった部分もある。でも、ずっと求めていたから結果を出せていたという自負もある」

 -西野監督の印象は。

 「落ち着いてやっている印象は受けますし、ある程度、選手のアイデアを尊重してくれる。そんな印象を受けます」

 -率直にやりやすいですか、今の代表は。

 「そうですね、やりやすくなってきました」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス