文字サイズ

大迫勇也 ドイツ1部ブレーメンに完全移籍

 大迫勇也
1枚拡大

 ドイツ1部ブレーメンは16日、2部降格が決まったケルンからFW大迫勇也(27)を完全移籍で獲得したと発表した。

 W杯ロシア大会の日本代表候補でもある大迫は、14年1月にJ1鹿島から1860ミュンヘンに移籍。同年夏からケルンで4シーズンにわたりプレーした。今季は4得点。チームは最下位で2部降格となり去就が注目されていた。ドイツ1部通算108試合15得点。

 ブレーメンはリーグ優勝4度の古豪で、かつて奥寺康彦がプレーした。今季は1部で11位だった。

 大迫は所属するマネジメント会社を通じ「皆さん、いつも応援ありがとうございます。この度、ドイツの中でも歴史あるクラブであるブレーメンに完全移籍することになりました。来シーズンは新たなチームで挑戦できることをうれしく思います。

 ケルンで過ごした4年間は、初のヨーロッパリーグ出場やフォワード以外でのポジションなど沢山の経験をさせてもらい、サッカー選手として、1人の人間として成長させてもらえたことは感謝でしかありません。

 2部降格が決まった後、いくつかの他クラブからのオファーを頂きました。正直悩みました。ケルンへの想いと新しいチャレンジ。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました。

 ブレーメンはケルン同様、今シーズン当初は苦しんでいましたが、監督交代以降内容も結果も充実していきました。コーフェルト監督と話した時も、攻撃的なサッカーを続け、より高みを目指して行く中で『大迫が必要だ!』とストレートに言われ、その想いに答えたいと思いブレーメン移籍を決断しました。

 来シーズンは新天地でのスタートになりますが、みなさんに活躍している姿を届けられる様に頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス