文字サイズ

柱谷哲二氏、花巻東のテクニカルアドバイザーに就任 4日から指導開始

柱谷哲二氏(2010年撮影)
1枚拡大

 サッカー元日本代表DFの柱谷哲二氏(53)が、花巻東高校(岩手)サッカー部のテクニカルアドバイザーに就任することが2日、正式決定した。3日に就任会見、4日から指導を行う予定となっている。

 柱谷氏は日産自動車を経て、J創設時からV川崎(現・東京V)でプレー。日本代表としては、88年の初出場からAマッチ通算72試合に出場。アメリカW杯アジア最終予選のドーハの悲劇など、多くの試合で主将を務め“闘将”の異名を持つ。

 現役引退後は札幌、東京V、水戸などの監督を歴任。アマチュアでは母校である国士舘大を指導した経験を持ち、17年はJリーグ加入を目指すJFLの八戸を率いていた。

 花巻東高は大谷翔平(エンゼルス)ら多くのプロ野球選手を輩出するなど野球のイメージが強いが、アスリート特進コースが設置されているスポーツ名門校。関係者によれば、月の半分以上は直接的に指導する見通しという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス