文字サイズ

森保JAPAN 準々決勝進出 終了間際に板倉が「小学校以来」の2戦連発

 試合終了間際に決勝ゴールを決め、チームメートと喜ぶ板倉(中央)=共同
1枚拡大

 「U-23アジア選手権・1次リーグ、日本1-0タイ」(13日、江陰)

 B組の日本はタイを1-0で下して2連勝で勝ち点6とし、同組2位以上が確定して準々決勝進出を決めた。初戦で得点したDF板倉滉(仙台)が後半45分に2試合連続となるゴールをたたき込んだ。16日には北朝鮮と戦う。B組のもう1試合は北朝鮮がパレスチナと1-1で引き分け、1勝1分けで勝ち点4。パレスチナは同1。C組のヨルダン-マレーシアは1-1で引き分けた。

 何本も入れ続けたクロスが最後の最後に実った。試合終了間際、右サイドからの井上のパスを田川が頭で落とし、攻め上がっていた板倉が「小学校以来」と言う2戦連続得点。8強入りを決めた森保監督は「点を取りたいという気持ちがゴールにつながった」とたたえた。

 複数人が絡んでの決定機は少なく、時計の針が進んでいった。それでも左右からのクロスにミドルシュートと手を替え、品を替えて攻め続けると、引き分け寸前でついに均衡を破った。

 森保監督が重用する3-6-1の布陣は前線3人の連係が生命線だが、取り組んでからまだ日は浅く、メンバーも入れ替わる。初戦はワントップ後方の2人にマンマークを付けられ、この日は5バック気味の相手に囲まれて苦しんだが、サイドから執拗(しつよう)に攻めて突破口を開いた。

 ただ、3バックの一角として後方から攻撃も支えた板倉は「どう崩していくか、もっと試行錯誤していかないといけない」と強調。粘り強い戦いぶりで次のステージへの切符を手にしたが、まだまだ満足はしていない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス