文字サイズ

鈴木隆行氏の印象に残るプレーとは…中山&柳沢氏は同じあのゴール

 2002年W杯日韓大会でゴールを挙げるなどサッカー日本代表で活躍し、15年に引退した鈴木隆行氏(41)の引退試合が13日、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。

 引退試合に参加したJ3沼津FW中山雅史(沼津)とJ1鹿島コーチの柳沢敦氏が鈴木氏の印象に残るプレーとして、日韓W杯の初戦・ベルギー戦で、つま先に当てて決めた執念のゴールを挙げた。

 中山は「先制されてヤバいと思った直後の点。日本を救った」。柳沢コーチは「あの大会における大きな意味があるゴール。鈴木さんがいろいろと積み上げたものが、ボールに触るということにたどり着いた」と振り返った。この日は久々の2トップを組んで「昔を思い出して一緒に戦いました」と懐かしんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス