文字サイズ

Jリーグ実行委員会で秋春制話し合い 降雪地帯のクラブ側からは反対意見

 J1、J2、J3の各実行委員会が11日、都内で開かれ、日本協会の田嶋会長が将来的に目指している秋春制へのシーズン移行について説明した。

 各会議の中で冒頭約30分、日本代表の活動や欧州との選手移籍などについてのメリットを訴えた。だが、降雪地帯に本拠を置くクラブ側からは反対意見も根強く、参加者からは「議論が進んだというよりも、継続していくことになる」との意見も出た。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス