文字サイズ

闘莉王 引退勧告 アドバイザー就任打診に悲痛「心がズタズタ」

 来季名古屋は闘莉王と契約を結ばないことを発表した
1枚拡大

 来季のJ2降格が決まった名古屋は6日、ボスコ・ジュロブスキー監督(54)と元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)に対し、来季契約を結ばないことを告げた。2人は愛知県の豊田スタジアムで佐々木真一副会長(68)と面談。アドバイザー就任を打診された闘莉王は、これを引退勧告と受け止め「またか。2度も苦しませてくれるのか」と悲痛な思いを激白した。

 闘莉王は昨年も小倉GM兼監督から戦力外通告同然の減額オファーを受け、涙で帰郷した。それでも8月に電撃復帰。J1残留のために8試合ですべてを出し尽くしたが、待っていたのはアドバイザー契約の打診だった。 前夜はGK楢崎と食事し、「もう1年戦ってくれ」と、ともに現役続行しての共闘を呼び掛けられた。「ボスコなら1年でJ1に戻れる」と、信頼する指揮官の留任を前提に現役続行に傾いていた。だが翌日、2人ともに退団が決定。「何が起きたかよくわからない。J2降格ときょうの話で心がズタズタです」と言葉を絞り出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス