文字サイズ

J1中継11年ぶりゴールデン地上波

 リーグ王者を決めるチャンピオンシップの概要会見が開かれ、浦和の槙野らが出席した
1枚拡大

 Jリーグは14日、都内で、J1年間王者を決めるために今季導入したチャンピオンシップ(CS)の開催概要などを発表し、明治安田生命保険が冠スポンサーとして特別協賛することが決まった。大会名は「明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ」となる。

 2ステージ制の今季は、最大5チームがCSに参加。ホーム&アウェー方式の決勝第1戦は12月2日、第2戦は同5日に行われる。ともに午後7時半開始で、Jリーグの公式戦としては11年ぶりにゴールデンタイムに地上波で全国中継される。2日はTBS、5日はNHK総合が放送する。

 都内での会見には、第1ステージを制してCS出場を決めた浦和のDF槙野智章が出席。「“失速の浦和”と言われ、昨年、一昨年は悔しい思いを経験している。目標に向けてやっていきたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス