文字サイズ

古谷昭男と国本陸が王座戦に挑む ボクシング六島ジムが発表

 ボクシングの六島ジムが13日、所属2選手の王座戦を発表。IBF世界スーパーフライ級15位の古谷昭男(23)が2月28日に後楽園ホールで空位の東洋太平洋同級王座を2位・橋詰将義(28)=角海老宝石=と争い、日本ミドル級1位の国本陸(24)は2位・酒井幹生(28)=角海老宝石=と4月17日に住吉区民センターで王座決定戦を行う。

 古谷の兄・嘉章氏は東京五輪選考会にも出場した体操のトップ選手。古谷も体操をしていたが、中学時代に友人の影響でボクシングに転向した。デビューから4勝4敗と苦しんだが、最近2試合は体操で培った敏しょう性も生かし、元王者を連続撃破。「スタミナでは絶対負けない。12ラウンド戦うつもりで勝つ」と初挑戦での王座奪取を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス