文字サイズ

全日本 元双子力士の斉藤兄弟デビュー黒星も豪快ファイト!大森「超大型ド級新人だ」

 大森隆男(左)にダブルタックルを見舞う斉藤ジュン(右)と斉藤レイ
デ ビュー戦で敗れた斉藤レイ(左)と斉藤ジュン
 大森隆男を攻める見舞う斉藤ジュン(右)と斉藤レイ
3枚

 「プロレス・全日本」(9日、後楽園ホール)

 大相撲幕下藤の海の斉藤ジュン(34)と双子の弟で元三段目藤の花のレイがタッグを組んでデビューし、ベテランの大森隆男と若手の本田竜輝のコンビに敗れた。

 2人は全日本では19年1月にデビューした青柳亮生と田村男児以来約2年半ぶりの新人。小結御嶽海ら出羽海部屋時代の同門力士から多くの祝福と激励のメッセージをもらったという。身長はジュンが身長193センチ、レイが192センチ、体重はともに119キロと恵まれた体を生かし、エルボー合戦、ショルダータックル合戦などで一歩も引かない豪快なファイトを繰り広げた。

 ジュンは四股を踏んでから突っ張りを連打するなど相撲殺法を繰り出し、レイはサマーソルトドロップを披露すると観衆は大喜び。さらに相撲時代に得意としたのど輪を生かしたチョークスラムを2人合体で狙ったが成功せず、最後はレイが大森に捕まり逆エビ固めでギブアップした。

 “初土俵”は黒星に終わったものの、「人前で何かをやるのは相撲以来だったので、緊張よりもうれしい気持ちが強かったです」と振り返った2人。「全部は出し切れてなかったと思う。当たり負けとかはしなかったですけど、やろうとしたことをうまく止められた。それがこれからの課題。チョークスラムが決まっていたら、またちょっと違う結果になっていたんじゃないかと思う」と反省も忘れなかった。

 目指すレスラー像を問われると、ジュンが「力強いレスラー、とにかくスケールの大きなプロレスをできるレスラーになりたい」と答え、レイは「あまり器用なことができるタイプじゃないと思うので、たくさんプロレスを勉強して、昔の外国人レスラーみたいに体を大きくしたい」と目を輝かせた。

 一方、2人に胸を貸した大森は「超大型ド級新人だな。桁違いだよ。デカくてパワーがあって、おまけにルックスもいい」と絶賛しつつ、2人の風貌が酷似していることで、「だけど、ジュンとレイ、いまだにどっちか分からねえな」と、つぶやきながら去っていった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス