文字サイズ

元K-1王者の武居、ボクシングB級合格!3・11初陣「インパクトのある試合を」

 立ち技格闘技K-1の元ワールドGPスーパーバンタム級王者で昨年12月にプロボクシング転向を表明した武居由樹(24)=大橋=が8日、横浜市内の所属ジムでB級プロテストを受けて合格した。

 プロテストは通常、後楽園ホールで開催されるが、今回は緊急事態宣言が発令されたことで、B級以上の受験に限る救済措置としてジムで実施。新型コロナウイルス感染防止のため、JBCから1人、受験者も武居由樹1人に限られた。武居は筆記試験と実技(ロープ、シャドーボクシング、2ラウンドのスパーリング)に臨み、スパーリングの相手は同門の日本フェザー級9位溜田剛士(27)が務めた。

 最初の関門を突破した武居は「K-1を引退してすぐ、このような緊急事態宣言の中、プロテストを受けさせていただき、本当にありがたかったです。一瞬、延期になるのではとも考えたので。これでボクサーとしてスタートラインに立てました」と感謝し、「すごい選手ばかりのジムのみなさんに少しでも近づけるように、(元世界3階級制覇王者)八重樫(東)トレーナーにビシビシ鍛えてもらおうと思います」と精進を誓った。

 3月11日に後楽園ホールで6回戦のデビュー戦が予定されており、「今はまだプロになったばかりで大きいことは言えませんが、1試合1試合、ボクサーとしての武居由樹をみせたいと思います。K-1の時のように、インパクトのある試合を見せられればと思います」と意気込みを示した。

 八重樫トレーナーは「デビューに向けては相手どうこうではなく、どんなボクシングをみせるかということを練習している。デビュー戦に向けてすべてを底上げしていきたい。バンタム級、スーパーバンタム級という非常にハードな熱い階級で世界を目指そうとしているわけですから」と指導方針を説明。

 所属ジムの大橋秀行会長は「スパーリングを見て、武居が階級が上のトップ選手をパワーで押しているところをみて、あらためて潜在能力の高さを感じた。暗い話題が多い今、武居は実力とともに明るい話題になりそうな選手になると感じている」と期待した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス