文字サイズ

井岡のタトゥー JBCが処分議論へ

 昨年大みそかのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでTKO勝ちした王者の井岡一翔(31)=Ambition=が、左腕のタトゥーが露出した状態で闘ったことが物議を醸している。

 日本ボクシングコミッション(JBC)のルールには「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は試合に出場できないと定められている。井岡は試合前、ファンデーションを塗って隠す措置を施したが、時間の経過、汗により薄れてしまったとみられる。

 JBCの安河内剛事務局長は「ルールがある以上は処分を議論する対象になる。現状は反社会的勢力と結びつきやすいイメージがつきまとう」と説明。倫理委員会で処分の有無を諮る。また、今後については「社会的認識を考慮して見直すことも考えていく可能性がある」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス