文字サイズ

新日本・金丸、デスペがジュニアタッグ新王者!ヒロムへ「お前らの挑戦は受けない」

高橋ヒロム(右)を攻めるエル・デスペラード=後楽園ホール
3枚

 「プロレス・新日本」(11日、後楽園ホール)

 4組が争ったIWGPジュニアタック王座決定リーグ戦を勝ち抜いた2組による王座決定戦が行われ、金丸義信、エル・デスペラード組がBUSHI、高橋ヒロム組を破って新王者となった。

 金丸とデスペラードは熟練の悪のインサイドワークを駆使して優位に試合を展開。終盤にはデスペラードが猛攻を受け、合体フェイスバスターのLATを浴びる大ピンチに陥ったが、金丸がレフェリーのカウントを妨害。さらにBUSHIに延髄斬り、ヒロムにウイスキー瓶攻撃で大ダメージを与える。

 デスペラードはヒロムをピンチェ・ロコでたたきつけてトドメを刺したかに見えたが、今度はBUSHIがカット。だが、金丸がBUSHIを変型ブレーンバスターのタッチアウトで排除。続けてヒロムを羽交い締めにすると、デスペラードがナックル攻撃のロコ・モノを顔面に突き刺し、再びピンチェ・ロコを繰り出して3カウントを奪った。

 試合後、マイクを握ったデスペラードは「てめえらごときがオレたちに勝てるとでも思ってんのか。最後はノブさん(金丸)が1人で2人とも伸ばしちゃったから、実質2対1じゃね。オレがいなくたって、ノブさんだったら勝ってたんじゃね」と勝ち誇った。続けて「ヒロム、楽しませろって言ってたじゃねえか。まだやり足りねえよ。もっと、もっと、もっと…、言わないです」と、ヒロムの決めゼリフを口にしながらも途中で止め、「てめえらが求めるようなことはオレたちは一切しねえ。お前らの挑戦はもう一切受けません」と再戦拒絶を宣言。最後は、2人でグロッギー状態のヒロムをベルトで殴打して去っていった。

 インタビューでは金丸がベルトを誇示して「今回のリーグ戦、4チーム?数じゃねえ質だぞ。いいレベルじゃねえか。最終的にはオレたちが頭一つ二つ出てたってことだ」とアピール。そこに鈴木軍の盟友でザック・セイバーJr.とIWGPタッグ王座を保持するタイチが駆けつけて祝福。デスペラードが「今、(鈴木軍が保持する)ベルト何本?」と問いかけると、タイチは「(鈴木みのるのNEVER無差別級王座を合わせて)5だな。やること1つだな。タッグの統一か」ぶち上げ、「まあ、それは飲みながら後で。今日はオレがちょっとだけおごってやるよ」と言い残して去っていくと、デスペラードは「何の話してた?忘れたわ」と苦笑した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス