文字サイズ

全国大会消えた高校生ボクサーのため…シャドー動画を井上、村田ら世界王者が審査

 日本ボクシング連盟は26日、オンライン上で高校生選手のシャドーボクシング動画を公開する「高校生シャドーボクシングチャレンジ2020」を開催すると発表した。アマ出身のWBA、IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)ら多くの世界王者や元世界王者が審査員として参加する。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、全国選抜大会、インターハイが中止。鹿児島国体の年内開催が断念され、高校3年生にとって集大成の場となる本年度の全国大会は事実上消滅した。日本連盟は「高校生が頑張ってきた姿をできるだけ多くの人に見ていただきたい」とし、「優劣を決めるものではなく、選手の励みになるよう、プロで活躍するトップ選手や代表選手にそれぞれが好きな動画を選んでいただきたい」とそれぞれの賞を選出するという。

 現在決まっている審査員は、井岡一翔、井上拓真、井上尚弥、岩佐亮佑、内山高志、京口紘人、清水聡、寺地拳四朗、村田諒太、八重樫東(五十音順)。参加資格は、日本連盟に選手登録をしている現役高校生の男女で、応募期間は8月1~16日。SNS上に30秒以内の動画をアップすることが条件となる。詳細は日本ボクシング連盟のHPまで。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス