文字サイズ

プロボクシング興行再開 リングサイドは防護服で“プロ初”無観客 思わず雄たけびも…

5カ月ぶりに再開したプロボクシング興行はドアを開け放した会場で無観客で行われた=刈谷市あいおいホール
控室を使わず、ジムごとに仕切られた場所で準備する各選手=刈谷市あいおいホール
試合前にリングのロープを念入りに消毒する関係者=刈谷市あいおいホール
3枚

 コロナ禍で中断していたプロボクシングの興行が12日、愛知県刈谷市で行われた中日本新人王予選で約5カ月ぶりに再開した。試合3週間前と前日の抗体検査で陰性だった選手が出場し、試合は無観客で行われた。日本ボクシングコミッション(JBC)は、公的会場を使用したJBC管轄下での無観客試合は「初めてだと思う」としている。

 会場となった刈谷市あいおいホールはドアを開け放し、選手控室は使用せず、会場内にパーティションを置いてジムごとに区切ってスペースを作った。JBCは試合前に「三密を避ける」などの注意事項を告知。「大声での指示禁止」なども告知されたが、勝者が思わず「ヨッシャー!」と声をあげてしまう場面もあった。

 両コーナーで選手が使うイスやバケツは毎試合交換し、ロープは1ラウンドごとのインターバルで消毒。抗体検査をパスしたレフェリーは試合ごとにシューズを消毒しシャツを交換、リングサイドのコミッション席、ジャッジ席はリングから距離をとり、タイムキーパーやドクターなどは防護服とフェースシールドを着用した。

 今興行のプロモーターを務めた中日本ボクシング協会の東信男会長は、試合前に「コロナとはこれから長い付き合いになる。覚悟を持って今日の興行を成功させて、いい形でバトンをつなげていきたい」とあいさつした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス