文字サイズ

ボクシング世界2階級王者メイウェザー氏死去 5階級王者フロイド氏の叔父

 ボクシングのメイウェザー・プロモーションズは17日(日本時間18日)、元世界2階級王者のロジャー・メイウェザー氏が17日、死去したと発表した。58歳。長らく糖尿病などを患い、健康状態に問題を抱えていた。元世界5階級王者のフロイド・メイウェザー氏(43)の叔父にあたり、現役引退後はフロイド氏のトレーナーとしても有名だった。

 米国ミシガン州グランドラピッズ出身のロジャー氏は81年7月にプロデビュー。83年1月にWBA世界スーパーフェザー級王者サムエル・セラノ(プエルトリコ)を8回TKOで破り、無敗で世界王者となった。3度目の防衛戦でプロ初黒星を喫し、王座陥落したが、87年11月にはレネ・アルレドンド(メキシコ)を6回TKOで破り、WBC世界スーパーライト級王座を獲得。2階級制覇を達成した。

 99年に現役引退。引退後は、兄で元世界ランカーのフロイド・メイウェザー・シニア氏の息子であるフロイド・メイウェザー・ジュニアのトレーナーを務め、自身を超える天才王者に育てた。しかし近年は、現役時代のダメージや糖尿病など健康状態が優れず、トレーナー業を廃業していた。愛称は「ブラックマンバ」。通算戦績は72戦59勝(35KO)13敗。

 89年3月にロジャー氏から王座を奪った元世界4階級王者のフリオセサール・チャベス氏はツイッターを更新。31年前の試合の写真を掲載し、「戦友、偉大な友、指導者…ボクシング界の偉人を失ったことが残念です。私の心にはいつもいます」と追悼した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス