文字サイズ

比嘉大吾、体重超過から1年10カ月ぶり復活星!今後は「いろいろ考えます」

2回、ブエナオブラ(左)に強烈なボディを打ち込む比嘉大吾(撮影・開出牧)
3枚

 「ボクシング・8回戦」(13日、後楽園ホール)

 元WBC世界フライ級王者で18年4月に3度目の防衛戦で体重超過して失格となり王座剥奪、無期限資格停止処分を受けた比嘉大吾(24)=白井具志堅=が、約1年10カ月ぶりの再起戦を6回2分25秒TKO勝利で飾った。

 現在はフライ級より2階級上のバンタム級でWBC世界7位にランクされているデビュー15連続KO勝利の日本記録保持者は、フライ級の上限より3・1キロ重い53・9キロ契約8回戦で再スタート。入場時には、復帰を待ちわびた観衆から温かい拍手と大きな声援を送られた。

 サウスポーの相手ジェイソン・ブエナオブラ(25)=フィリピン=に対し、冷静にパンチを見切ってプレッシャーをかけ、両目上から出血させるなどカットさせるなど優位に試合を展開。2回には左フックで若干ぐらつき場面もあり、何度となくロープ際で連打を浴びせるもクリンチに寸断されるなど、攻めあぐんだが、6回にボディーでの連打でダウンを奪い、追撃の連打で2度目のダウンを奪うとレフェリーがストップした。

 試合後の第一声は「疲れました」。「18で東京に来て世界チャンピオンになるという気持ちも薄れて、モチベーションのない中、2年間ニート生活していたんですけど、ニート最高」と笑いを誘った。

 リングを離れていた時期を「短く楽しい生活でしたけど、リングはめちゃめちゃキツかったです」と振り返った。だが、気になる今後については「このままモチベーションが上がらなかったらやめようと思うし、いろいろ考えます」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス