文字サイズ

乗り越えられない壁になる!OZタッグ王者組が完勝宣言

 王者としてタッグ選手権に臨むAKino(左)と加藤園子(撮影・西岡正)
3枚

 OZアカデミー認定タッグ王者組の加藤園子(43)、AKINO(46)が3日、東京・木場のデイリースポーツを襲来し、15日に朱里(30)、進垣リナ(31)を相手に行う初防衛戦での“完全勝利”を強烈アピールした。

 団体内の若手の突き上げを肌で感じ取っている二人だが「勝つだけじゃなく、内容でも圧倒する」と口をそろえる。

 加藤は「以前、札幌で試合をしたとき、進垣が脳しんとうを起こした経緯があり、リベンジを誓っているらしい。それ以来、リング下でみているが、確かに成長はしている。でも、返り討ちにしてやる。今回も脳しんとうだよ」と、語気を強めた。

 また、AKINOは、元ストロー級クィーン・オブ・パンクラシストで、女子総合格闘家として活躍していた朱里への思いを口にした。「朱里のことはデビュー当時から知っている。総合で結果を残した相手とあたるのは楽しみでしかない」。

 来年4月15日にデビュー25周年を迎え、自主興業を企画する加藤とデビュー22周年を迎えるAKINOだけに、伸び盛りとはいえ若手チームには負けられない。「絶対乗り越えられない壁になってやる。勝つだけじゃなく、試合内容でも圧倒する」。意地とプライドでぎらつく王者組が、令和のOZマットも熱くする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス