文字サイズ

井上尚弥「この傷がうれしい」WBSS優勝から一夜明け

 世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者で26歳の井上尚弥(大橋)がワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)優勝から一夜明けた8日、横浜市内で記者会見し「一区切りついてほっとした。この傷がうれしい」と右目上を5針縫う傷を負った激闘の余韻に浸り、笑顔を見せた。

 11回に世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)からダウンを奪っての判定勝ち。プロで初めて強打を浴びてふらつくピンチを乗り越え「(2歳の)息子の存在があったから持ちこたえられた。しばらくは家族との平和な日常が戻るうれしさをかみしめたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス