文字サイズ

井上尚弥、初のカットで5針縫う 父・真吾氏「止められたらとヒヤヒヤだった」

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 2回にはドネアの左フックで、キャリア初のカットを負った。出血でTKO負けの不安を抱えただけでなく「ドネア選手が2人に見えていました」というトラブルにも気持ちを切らさず、11回に左ボディーでダウンを奪い、勝利を決定づけた。

 試合後には傷を5針縫って処置。父の真吾トレーナーは「カットは深くて、あと一枚で筋肉にいっていたと言われた。ドクターチェックで止められたらとヒヤヒヤだった」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス