文字サイズ

井上尚弥、ドネアとの激闘制しWBSS優勝 11回起死回生の左ボディーショット

ドネアに判定で勝利し、笑顔でトロフィーを抱える井上尚弥
3枚

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 2回にドネアの左フックでキャリア初のカットを負った井上は5階級制覇のベテランの底力に苦戦を強いられる。苦しい展開の中、11回に右アッパーからの左ボディーでダウンを奪い、再開後もKO寸前に追い込んだ。驚異的な粘りを見せるドネアを倒すことはできなかったが、判定でバンタム級最強を証明。

 ファイティング原田氏から優勝トロフィーを受け取った井上は「ドネア選手めちゃくちゃ強かったです。初めてのカットという経験。2ラウンドからドネア選手が2人に見えていました。また来年から精進して頑張りたい」とリング上で話した。

 頂上決戦らしい激闘。優勝した井上だけでなく、ドネアにも惜しみない万雷の拍手が送られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス