文字サイズ

井上尚弥 身長、リーチともにドネアを下回る「やることはやってきた」

予備検診を受ける井上尚弥(中央)と余裕のVサインをするノニト・ドネア(左)=東京都千代田区・ホテルグランドパレス(撮影・園田高夫)
3枚

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)

 ダブル世界戦の予備検診が4日、都内ホテルで行われた。注目のWBSSバンタム級決勝で対戦するWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=とWBA・IBF世界同級王者の井上尚弥(26)=大橋=はともに万全の仕上がりを強調した。

 検診では身長で5・7センチ、リーチで3センチ、尚弥が下回ることが判明した。検診結果を見た尚弥は「身長、リーチすべて(ドネアが)上回っていますね。そこをどう考えて戦うか。そこだけですね」と冷静に話した。すでに練習を打ち上げ、体重も不安はない。「やることはやってきた。何ひとつ残していない。試合で自分のやりたいことをすべてぶつけるだけです」と頂上決戦に力を込めた。

 一方、日本のリングに初めて上がるドネア。身長、リーチで優位との結果にも気にすることはなかった。「昨日、カネロVSコバレフの試合を見た。体格の差が関係ないことをよく表していた」。日本時間3日に行われたWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチで本来ミドル級のサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)を11回KOして4階級制覇した試合を持ち出して、体格差は有利な要素ではないと説明した。

 対面した尚弥についても「彼の印象は変わらないし、彼への敬意も変わらない。とても整った状態で今日を迎えてくれたことは私自身望んでいたのでうれしく思う」とベストな状態での対戦を望んだ。

 ◇予備検診結果(左がドネア、右が尚弥)

 170・2センチ【身長】164・5センチ

 36・0センチ【頸周】34・5センチ

 87・0センチ【胸囲】89・5センチ

 左1・0右1・2【視力】左1・0右1・0

 174・0センチ【リーチ】171・0センチ

 左26・5、右27・5【ナックル】左26・5、右26・0

 141/82【血圧】143/80

 62【脈拍】73

 36・9【体温】36・3

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス