文字サイズ

阪神・鳥谷にオファー!?大仁田とDDT高木社長「爆破甲子園」開催発表

 プロレスラーの大仁田厚(61)とDDTの高木三四郎社長(49)が9日、都内で会見を開き、コラボプロデュースの「爆破甲子園2019」(11月17日、神奈川・鶴見青果市場)の開催を発表した。

 次世代の電流爆破マッチレスラーを発掘する大会で、大仁田が命名。出場する球児ならぬ“爆児”をプロレスラー、格闘家、特殊技能を持ったアスリートから公募する(詳細はDDTホームページで)。

 高木社長は出場選手について「電流爆破に熱い情熱を持っていればいい。優秀な人にも来てもらいたいが、何かに挫折した人もいい」と希望。大仁田は甲子園にふさわしい人物として、プロ野球の阪神から引退勧告を受けた鳥谷敬内野手に注目し、「いいねえ。オファーしようよ」との意向を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス