文字サイズ

井上拓真、サウスポー対策手応え ラミドとのスパーリングは「駆け引き楽しめそう」

 「ボクシング・WBC世界バンタム級王座統一戦」(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)

 ダブル世界統一戦に臨む井上尚弥(26)=大橋=と弟の拓真(23)=大橋=が6日、横浜市内の所属ジムで練習を公開。2人は、米国の最も権威あるボクシング誌「ザ・リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(全階級を通したランキング)1位に君臨する3団体統一ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=のスパーリングパートナーを務めたジャフェスリー・ラミド(19)=米国=と7日から約1カ月のスパーリングを行う。

 拓真がラミドとのスパーリングに腕をぶした。ジムで見た印象を「うわさではすげえ強いと。そういう感じで見ていたので、思ったほどのすごさは感じなかった」と話したものの、「でも、うまさはありました。スピードもあったので、駆け引きは楽しめそう」と評価。サウスポー対策にも「前よりも慣れているのでやりやすくなっている」と手応えを感じていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス