文字サイズ

井上尚弥、11・7WBSS決勝で「ドネアに引導渡す」

 プロボクシングの階級最強を争うトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」の主催者は7日(日本時間8日)、WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=とWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=が対戦するバンタム級の決勝戦を11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催すると公式サイトで発表した。

 井上はこの日、都内で行われたブラウンの電動シェーバー、シリーズ9・シリーズ8新製品発表会にゲスト出演。決勝戦の舞台が正式に決まったことについて、「日本でできるということの喜びはありました。日本のファンの前で大舞台の決勝ができるのは最大のモチベーションになる。海外でやるのもモチベーションになるんですけど、より多くの日本の方に見てもらいたいので」と大歓迎した。

 会場は最大で3万5000人以上も収容する。「過去(の自身の試合)で一番大きなハコでやるので、それもまた楽しみの一つ。そのハコを埋めなきゃ、という責任感もありますけど。埋まったデカい会場でいい試合をするのは気持ちのいいことなので、何から何まで楽しみ」と意欲をかき立てた。

 対戦相手のドネアは世界5階級制覇を達成した伝説的なボクサー。1回戦は1回KO、準決勝は2回KOと衝撃的な早期決着で勝ち上がってきた井上は「前半勝負、後半に行っても強いというところを見せたい」と戦いをイメージし、「ドネアは自分が高校生の時からあこがれていた選手でもあるので、しっかりとした形でKOで勝って引導を渡したい」と優勝を誓った。

 また、発表会では俳優の鈴木亮平と共演。身長165センチの井上は、身長185センチの鈴木に「勝てるかも知れない」と言われ、2人でスパーリングするしぐさを披露し、「185センチの人を目の前にすることはまずない。楽しかったですけど」とうれしそうに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス