文字サイズ

ブラント 村田との第3戦を熱望「ナンバー3に向かっていきたい」敗戦言い訳はなし

 健闘をたたえ合う村田諒太(左)とロブ・ブラント(撮影・立川洋一郎)
 2回、ロブ・ブラント(左)にラッシュをかける村田諒太(右)=撮影・高石航平
 チャンピオンベルトを腰にインタビューで笑顔を見せる村田諒太(撮影・立川洋一郎)
3枚3枚

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦のメインイベントでWBA世界ミドル級タイトルマッチが開催され、同級4位で前王者の村田諒太(33)=帝拳=は、同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=に2回2分34秒TKO勝ちし、王座を奪還した。

 村田に雪辱を許し、2度目の防衛に失敗したブラントは時折笑みも浮かべながらすべての質問に正直に答えた。「スタートはいい流れだったが、パンチの応酬で効いてしまい、リカバーできなかった。彼(村田)はやるべき宿題をしてきた。初戦はそれを私ができたのだが」と言い訳することなく敗戦を受け入れた。

 初回から予想に反して積極的に仕掛けていった。「距離感を誤ったのは自分のミス。あれだけの大歓声だったので私も戦いを見せたかった」と説明する。村田初の関西での世界戦で超満員となった会場の雰囲気にも乗せられ、必要以上に距離を詰めた。

 結果的に村田の強打を浴びてダウンを喫し、TKO負け。「ストップの判断は私が言うことではない。もちろん私もファイターなので可能な限り最後まで戦う。ただ、レフェリーが止めるべきと考えたのなら、それは正しい判断でしょう」と受け入れた。

 今後については「ナンバー3に向かっていきたい」と村田との第3戦を熱望した。「レフェリーの正しい判断で、幸いにも体は痛んでいない。4カ月ほど期間を置いてナンバー3があってもいいと思う」とラバーマッチへ視線を向けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス