文字サイズ

村田諒太 “悪夢の一戦”裁いたレフェリー再び 「逆に安心」と前向き

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦の記者会見が10日、大阪市内で開かれた。王者ロブ・ブラント(28)からの王座奪回を目指す前王者で挑戦者の村田諒太(33)は、レフェリーが“疑惑の判定”で敗れた17年5月のWBA世界ミドル級王座決定戦のアッサン・エンダム(フランス)戦と同じルイス・パボン氏(プエルトリコ)が務めることを気にしながらも、勝利に自信を示した。

 悪夢の一戦をさばいた男の再起用。レフェリーは採点には加わらないが、村田は「ちょっとそれは気になりました。(エンダム戦で)ロープまで吹っ飛んだのにダウンを取ってくれないのがあって、注意受けてると思うんですよ」と“前科”を指摘し、困惑気味な表情を浮かべた。

 だが、マイナス材料とは考えない。すぐに笑顔になると、「逆に安心なんじゃないですか。いい例えが見つからないですけど…」と説明に苦慮したが、“更正”を期待していると言いたげ。所属ジムの本田明彦会長も「そんなの気にしてたんじゃね。そういうのも全部含めて実力」と問題視しなかった。

 重要なのはリング上で全力を尽くすこと。村田は「いいキャンプもできて、いいトレーニングもできたので、それをしっかりリング上で出すだけ」と表情を引き締める。難しいと言われるリマッチでの王座奪回。「構図は変わらない。プレッシャーかけるボク、アウトボクシングをするブラント、その中でボクが強いパンチを何発当てられるかだけ」と戦いをイメージし、「期待して下さい」と頼もしい言葉を口にした。

 初めての大阪での試合に「関西のヤジはタイガースを見てもすごいですから。ヤジられないような試合をしないといけない」と冗談を飛ばす余裕も見せた。結果は実力でつかみ取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス